内職の長所と短所|最近の内職のことを知らない方たちへ|内職ガイド

内職の長所と短所

ソファでPC操作する女性

内職を希望する人はたくさんいますが、メリットもデメリットもあります。

メリットは、自宅にいながら仕事ができるのでプライベートの用事を優先して仕事をすることができます。
もちろん内職にも納期があるので、最終的に帳尻を合わせる必要はありますが、会社で働くように拘束時間はありません。
そのため、時間を有効に使うことができます。

他のメリットには通勤時間が不要であること、人間関係で気を遣うことがないことなどあります。
通勤時間というのは思った以上に時間を取られます。その時間が不要なのでその時間を仕事やプライベートなどのために使うことができます。
また会社の飲み会などもないので、不要な出費や時間を削減できます。
会社勤務においては人間関係を円滑にするために、ある意味飲み会の参加は仕事のようなものです。
そういったことも気を遣うことがないので、精神的にも楽です。

しかし内職にもデメリットはあります。
一番のデメリットは、会社で勤務するよりも収入が低いということです。
作業量に対して収入が少ないと感じる人が多いです。どんな種類の内職だとしても、一般的に会社勤務で得られる給料よりもどうしても収入は低くなります。
もちろん個人のスキルや仕事内容によっては高い収入を得れる可能性もありますが、低く見積もっておく方が無難です。

他のデメリットは、稼ぐ収入によっては確定申告などを自分で行う必要があるということです。
どの業者を利用するかにもよりますが、年金や保険などを個人で支払わなければならないものもあります。