収入問題について|最近の内職のことを知らない方たちへ|内職ガイド

収入問題について

PC操作する女性

内職といえば、手軽で簡単にできるというイメージがあります。
しかし実際はそんなに簡単なものではありません。
内職をする上で注意点はいくつかあります。

一つは年間の収入問題です。どの業者を利用して内職するかにもよりますが、業者によっては自分で確定申告しなければならないケースもあります。
一般的に専業主婦のような定職を持たずに内職をして、年間38万円以上の収入がある場合は個人で確定申告する必要があります。
また年間130万円以上の収入になると、個人で年金や社会保険に加入する必要があります。
今まで旦那様の扶養に入っていたとしても、稼ぐ金額によっては扶養から外れる可能性もあります。

そういったお金に関する知識、確定申告についての知識を十分に知っておかなければなりません。
特に誰かに雇われているケース以外は、収入問題は無視できません。知らないうちに脱税しているという可能性もあります。

内職をする場合は、自分が雇われている立場なのか、それとも個人事業主のような立場なのかを明確にする必要があります。
また年間でいくらくらいの収入を目指すのかによって働き方も変わるので、事前にイメージしておくといいです。

今は内職や副業で確定申告する人も珍しくありません。
参考になるような書籍も出版されているし、税務署に相談することもできます。
収入を得た後のこともきちんと考えてから、内職をスタートさせるようにすることが重要です。